ダンナ小柳は何者?経歴、家族構成など調査!

ダンナ小柳
※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

電撃ネットワークのメンバーであるダンナ小柳さん。

今回はダンナ小柳の経歴や家族構成について調査していきたいと思います!

目次

ダンナ小柳は何者?プロフィールまとめ

ダンナ小柳 プロフィール
  • 本名:庭野 敏和
  • 誕生日:1967年10月2日(56歳)
  • 出身地:新潟県十日町市
  • 身長:188cm
  • 学歴:新潟県立塩沢商工高等学校中退
  • 所属:株式会社電撃兄弟社、ビッグ・ブッキング・エンターテインメント
  • 職業:パフォーマー

電撃ネットワークのメンバーの中で一番背の高いダンナ小柳さん。

ダンナ小柳という芸名の由来は、当時小柳ルミ子の旦那であった大澄賢也さんに似ていたことからつけられました。

ダンナ小柳さんの持ちネタは「痛みを感じない」という特異体質を前面に出した危険な芸。

例えば牛乳を鼻から入れて目から出す芸「ミルクマン」や、ドライアイスを口に入れて目・鼻・耳から二酸化炭素を噴出する芸などがあります。

皆さん、くれぐれも真似しないようにしましょう!

スポンサーリンク

ダンナ小柳の経歴は?

電撃ネットワーク

ではここから、ダンナ小柳さんの経歴について見ていきたいと思います。

ダンナ小柳さんは新潟県十日町市に生まれ、高校時代まで新潟県で過ごされます。

高校を中退し、ミュージカルの養成所に入りますが、自分の才能に限界を感じたことで養成所も中退してしまいます。

その後、南部虎弾さんと出会い、1990年「電撃ネットワーク」を結成されました。

ダンナ小柳

ある日、ダンナ小柳さんの鼻に偶然牛乳が入ってしまい、その牛乳がなんと目から飛び出た事がありました。

その姿を見た南部虎弾が「身体を張ったパフォーマンスは海外で受けるかもしれない」と思いつき、電撃ネットワークの身体を張った芸風ができあがったそうです。

現在の芸風のきっかけはダンナ小柳さんの偶然にも生まれた芸だったのですね!

デーブ・スペクター

1991年、デーブ・スペクターさんの紹介により、LAの人気番組 「ベスト・オブ・ザ・ワースト(英語版)」に出演が決定。

これが世界進出のきっかけとなり、電撃ネットワークの知名度は急上昇しました。

海外で活動する際は「TOKYO SHOCK BOYS」と呼ばれています。

この名前はデーブ・スペクターさんが「元のグループ名だと海外の人は発音できないから」とのことで命名されたようです。

その後ダンナ小柳さんは、

  • デンマークの王女の前で「割り箸一本尻割り」を披露し、王女を失神させた
  • 過去に乳首が一度芸で取れてしまったが、かさぶたが取れたら新しい乳首が出来ていた

など真相は定かではありませんが、数々の逸話を残されています。

スポンサーリンク

ダンナ小柳の家族構成は?

ダンナ小柳

ダンナ小柳さんの家族構成についても調べてみました!

調べてみたところダンナ小柳の家族構成は、妻と子供が2人いるそうですね

一般女性と結婚し子供にも恵まれましたが、現在は離婚しており独身のようです。

過去に「子供が可愛いので、将来はジャニーズに入れる」と発言したこともあったみたいです。

それ程にもイケメンということなのでしょうか?

年齢など細かい情報はありませんでしたが、子供は息子さんのようですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は電撃ネットワーク・ダンナ小柳さんの経歴について調べてみました。

ダンナ小柳さんには人を魅了する数多くの芸を持たれています。

ですがそれは電撃ネットワークのメンバーだからできること。

くれぐれも真似しないようにしましょうね!

以上、今回も最後まで読んでくださり、誠にありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次